Text

大飯原発再稼働反対!

大飯原発再稼働反対! (mp3)
Text

Hi honey I’m homeboo

Listen!
Quote
"

 で、今朝の朝日一面は、お得意の世論調査。菅支持65%なんて数字が一面トップを飾っていたけど、ご苦労さんなことだ。世論調査するのは勝手なんだけど、今回の調査方法がしょぼいのなんの。コンピュータで無作為に作成した番号に調査員が電話をかけたんだとか。ま、適当な番号をコンピュータにはじきださせたってことなんだろうね。もちろん、固定電話。有効回答率は60%で、その数は2149人。固定電話を持っているひとという条件があって、なおかつ有効回答が2149人だよ。ここからはじきだされた数字が世論だなんて、それこそ「開いた口がふさがらない」わけで、ましてや麗々しく一面トップの見出しに掲げる数字とはとても思えない。

 記事では、「代表戦の投票権を持つのは党の国会議員、地方議員、党員・サポーターだけだが、こうした民意が投票にどう影響するか注目される」とある。ははは、たった2419人の調査結果が「民意」とは、国民も舐められたものだ。確か、日曜の新聞には、ネットの調査では小沢支持が圧倒的、みたいな記事が載っていたけど、どうせならネットの調査結果と朝日の世論調査の結果を比べて、分析のひとつもしてこそ公平・中立なジャーナリズムと言えるんじゃないか。

 ようするに、マスメディアの世論調査は、立場を鮮明にしていない風見鶏議員に対する脅しの材料ってこと。世論はこうなんだよ、世論にさからって小沢君に投票すると次の選挙は危ないよ、ってわけだ。世論の顔色ばかりをうかがうおバカな議員は、政策なんかどうでもいいってことさ。どっちについたら得か、それだけだもんな。マスメディアに足元見られるわけだ。

 いくら公職選挙法は適用されないからって、結果として総理大臣を選ぶ選挙なんだから、マスメディアは世論調査と称して恣意的な数字を掲げるのは控えるべきだと思うけどね。それとも、世論調査という名の世論操作をやってるのでしょうか。

"

世論調査という名の世論操作: くろねこの短語

Quote
"小沢一郎 メールマガジン
http://www.ozawa-ichiro.jp./
== == == == == == == == == ===

平素より、小沢一郎メールマガジンをご愛読くださり、誠にありがとうございます。

【 本日のトピックス 】

1)第60回 小沢一郎政経フォーラム開催のお知らせ

_____________________________________________________________________________

この度の参議院議員選挙では、多大なるご支援を賜り心より厚く御礼を申し上げます。

しかし皆様のご尽力にもかかわらず、改選議席を大きく減らし参議院において

ねじれ状態をもたらす結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。

民主党は原点に戻り、皆様のご期待に応えるべく、「国民の生活が第一」の政策を

ひとつひとつ実行し、誰もが安心して暮らせる社会の実現に尽力して参ります。

今後とも、変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。



1)---------- 第60回 小沢一郎政経フォーラム開催 ----------

◆◆◆『第60回 政経フォーラム』のご案内◆◆◆
https://www.ozawa-ichiro.jp/support/seikeiforum.htm

政経フォーラムとは、1年に4回開催している勉強会です。
第一部の「勉強会」では、各界で活躍する著名人にご講演いただき、
第二部の「懇親会」では、小沢一郎代議士を囲んでの立食形式パーティーとなっております。

日時:9月24日
第一部「勉強会」11:00~
第二部「懇親会」12:00~

会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1-12-33)
会費:20,000円

講師:ジャーナリスト 田中 良紹

※当日は、小沢一郎代議士と写真を撮る時間がございますので、
ご希望の方はカメラをご持参下さい。


《参加申込みを開始》
◆お申込み方法◆
小沢一郎ホームページ https://www.ozawa-ichiro.jp/support/seikeiforum.htm
よりご連絡ください。"

たった数行の小沢一郎メルマガを膨らませるマスコミ報道 |  日々坦々

Photo
otsune:

(via:do-nothing)
tsundere:

帰宅部のポスターできたwww:ハムスター速報

(via no-where—now-here, arccosine)
Quote
"で、第二部が、「我が国で『裁判員制度』が運用されて」

推進派筆頭の四宮弁護士のレクチャーである。

裁判員制度から1年を経て、事前の「反対派の予測」を裏切り、実際に裁判員に選ばれた人たちは、「参加して良かった」という意見が大多数であり、裁判後に、裁判員の精神的トラブルが問題になるケースもなく、また、この制度が審理の短縮などにつながるというメリットを強調されるものであった。

パワーポイントやグラフを多用した解説は論旨明快でわかりやすく、また、四宮氏自身、3Dなどの高度なグラフィックも使用した資料による説明が裁判員に対して行われたことが語られる。

そして、この裁判員制度によって裁かれたのは601人。無罪0件(ごく最近3人)。
…….資料上は、驚きの有罪率100%である。(おい!)

なので、質疑応答では、かなりいろいろな質問が出た。

死刑を裁判員が決めることはどうなのか。
「そのリスクはプロの裁判官だけでも同じ。ただ死刑に関しては、もっと論議されるべきだろう」

「推定無罪」の原則に基づかないヒステリックなメディアの報道が裁判員に影響を与える可能性はないのか。
「米国で、メディアで激しく被告人が犯人と決めつけられてバッシングされても、版新評決で無罪になった例はある。必ずしも裁判員が、メディアに簡単に影響されるとは思わない」

…つまり、四宮氏は、性善説に立っておられるのである。
その意味では、彼の「日本人を信じ、その民間人の司法参加」の理想は美しいし、もちろん間違ってはいない。

ただし、よりによって第一部がアレですわ。

検察がいかにあの手この手で冤罪を作り出すか、みたいな話のあとなんである。
悪の秘密結社でもなんでもない、高い知性を持つ人たちの集団であるはずの検察が、暴走して拷問的手法によって冤罪を作り出す、という怖い話をこれでもかと聞かされたあとの性善説は、どうも分が悪い。

で、私も、例の「性犯罪被害者の人権問題」や「『キューバの5人』に極端な形で出てしまったような、『思想団体』や『暴力団』による裁判員への有形無形の圧力という事態に対抗できるのか」を質問させて頂く。
こうなると、やはり性善説からは、「そういう極端なことは起こらないことを信じる」という回答しか得られない。

いや、四宮氏がとてもいい人だというのはわかるんだけど、そもそも世の中がまっとうな常識人ばかりではないから犯罪は起こるわけなんで…。

ましてや「検察の取り調べが可視化されていない状態」で「検察がメディアにぼろぼろ虚偽リークし、それを御用マスコミが嬉々として報じる」状態での「迅速な裁判」は、世にも怖ろしい結果を引き起こしかねない、とさえ思う。"

八木啓代のひとりごと 続:「検察の、捜査の名を借りた人権侵害を問う」シンポジウムに行ってきた

Link
Quote
"菅総理が一つだけ力を込めたのは「財政健全化に不退転の決意で臨む」と言う事である。そこで「総理の評価は歴史が決める」と大見得を切った。ところが言葉とは裏腹にそれを言う菅総理の表情に力がない。目が虚ろなのである。予算委員会を通してこれほど張りのない表情の総理を見るのは初めてだった。"

続・弛緩国家 (田中良紹の「国会探検」)

Quote
" 私は今、最高裁判所に上告中の刑事被告人の身です。しかし、必ず真実が明らかになると確信しております。
 ただ、永年在職表彰のお話を伺った時、私の心の中で二つの声が交錯しました。
 一つは、「あなたは刑事被告人だ。このような場で表彰を受けることは自粛した方がいい」という声です。もう一つは、「このことはあなたの個人的信条の話ではない。国会議員は国民によって選ばれた、国民の代表である。二十五年間、民意を体現してきたあなたの役割に対して表彰がなされるのであるから、ここは淡々と受けるべきだ」という声です。
 この二つの声とあわせて、私が今日あるのは、昭和五十八年十二月の初当選以来、いついかなる時でも私を支えて下さった、松山千春さんはじめかけがえのない後援者、秘書はじめ事務所スタッフ、家族、友人のおかげであるということを考えた時、政治家・鈴木宗男として、職業的良心に基づき、受けさせて戴くという結論に至りました。
 改めて、この機会を与えてくださった皆様方に、心から感謝申し上げます。
 この場をお借りして、私の率直な思いを述べさせて戴きます。
 今日本は、国家統合並びに民主主義の危機に直面しております。ここで私たちは、何よりも過去の歴史を振り返るべきです。
 昭和五年以降、我が国は急速に破滅への坂を転げ落ちていきました。その原因は、当時最大のエリートであった軍事官僚の独りよがりの正義感、現実から遊離した情勢認識でした。
 今、一部官僚により、それが繰り返されています。外交面でも、日本は国際社会の中で孤立し始めております。
 私は北方領土問題の解決に向け、政治生命を賭けて取り組み、国益に即した活動をしてきたと自負するものです。しかし、一部の外務官僚の情報操作と、それと手を握った検察官僚によって失脚させられました。
 しかし、国民が私をもう一度この席に送り出してくれました。私の北方領土返還への取り組みを、民意が正しく理解してくれたのです。
 私は北方領土問題とともに、竹島問題や沖縄の米軍基地問題、アイヌ民族の権利確立の問題の解決に努力して参りました。
 それはまさに、日本国家を維持し、強化したいと考えていたからなのです。
 取調べの可視化に取り組んでいるのも、検察官僚の小さな出世欲のために、密室における誘導や誤導、取引が常態化している病的な現状を、何としても矯正しなくてはならないと考えるからなのです。
 このことが実現されない限り、我が国の民主主義が根底から崩されるという危機を、自分自身の体験をふまえ、痛切に感じております。
 冤罪はあってはなりません。権力による国策捜査も、断じてあってはなりません。
 同僚議員の皆さん、時代のけじめをつけることは、国策捜査によって行うのではなく、国民によって選ばれた我々国会議員が、政治主導によって行うべきではないでしょうか。
 我々国会議員も、党派的な問題、個人的な野心といった、本質から外れ、重要でない問題に、エネルギーを注ぎすぎている現状を改めなくてはなりません。
 我々がこうしている間に、政治が民意から離れていくのです。そして、国家が弱っていくのです。
 私は国民の英知を信じます。国民の声に耳を傾け、国民とともに進んでいくことにより、日本は現在の危機から脱出できると確信しています。
 最後に今一度、至らぬ私をいつも親身になって支えて下さった、松山千春さんはじめかけがえのない選挙区並びに全国の後援会の皆様、秘書はじめ事務所スタッフ、そして特に我が妻、息子、我が娘に心から感謝申し上げ、謝辞といたします。"

ムネオ日記

Quote
"

■はやぶさ帰還を中継する主なサイト

【豪州から】

和歌山大(午後10時30分から30分間)

http://www.ustream.tv/channel/hayabusa-back-to-the-earth

ニコニコ動画(午後10時から)

http://live.nicovideo.jp/watch/lv18265557

NASA(午後10時45分から10分間)

http://sgqtss.arc.nasa.gov:554/dc8-current.sdp

【相模原の管制室の様子】

宇宙機構など(午後6時~12時)

http://hayabusa.jaxa.jp/live/

"

asahi.com(朝日新聞社):はやぶさ動画中継、NASAも和歌山大も「ニコ動」も - ネット・ウイルス - デジタル (via clione)